読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日出来た事を記録しよう

日々出来た事を振り返りながらうつ病を寛解させていく 時々プログラミング


↑広告

自分の活動限界時間を知った

自分の一日の活動限界はは起床してから12時間なのかもしれない
 
何を言っているんだこのハゲチャビン!と思われるかも知れない。しかしこれは事実である。今日を例に検証してみよう。昨日23時に寝付き、今日の1時半に目覚めた(正確には目が覚めてしまった)。そこから寝付けず、2時に布団を畳んで着替えた。そこから起き続ける事約12時間。今は14時前だが、もう眠る前ののんべんだらりんとした雰囲気が体中を包んでいる。正直今日はもう店じまいでも良いと思っている。悲しいけど。
 
もちろん、2時に目が覚めて、そこから起き続けても20時、21時まで活動出来る日もあった。しかし、その日はどこかで2〜3時間寝ているのだ。トータルで活動時間、または起きて集中出来るチャンスが起床から12時間。これが自分の今の身体の限界だと思う。というかほぼ間違いない。
 
ここで考えつくのは、活動時間を延ばす事だろう。10代、もしくは20代であればそう考え、行動した。しかし今、30代。年上の元気な人から見れば若いだろうという意見もある。だが、体力は坂を下るごとく落ちていく一方だ。ましてやうつ病を経験し、脳や身体にダメージを負った30代である。普通の30代に比べれば劣るのだ。頑張ろうにも気合いだけで乗り越えるにはちょいと無理がある。無理を通そうとしても道理が引っ込まずにはじき飛ばされる
 
ここは「活動時間を延ばす」事よりも「活動時間をどう使うか」が重要だ。12時間と言う限られた時間の中で、無駄無くかつ効率良く動くにはどうすれば良いのかを突き詰めなければいけない。大中小のタスクを上手く組み合わせて一日を過ごす。今持っている資源(体力や時間)を効率良く使う。無駄を減らす。身体の負担を減らす・・・。
 
今後体力や気力は年を重ねるごとに減る一方だと考える。石油のように無くなる無くなると言われつつ無くならなければ良いが、自分の場合は間違いなく減っていくだろう。時間を上手く使うのだ。コントロールするのだ、さもなくば物事は進まず、無駄に疲弊する未来、最悪、うつ病という闇の中に再び引きずり込まれてしまうだろう。
 
とりあえず、やる気出ないからと言って、痛いニュースYahoo!のトップページを行ったり来たり閲覧するのを止める事から始めようと思う(これ、前にも止めるって宣言したけどまだ止められない 悲しい)。
 
時間は有限である。だからこそ、大切に、目一杯使い切りたいと思うのだ(今までの時間の使い方が無駄だらけだって言われなくても分かっているからな)。